転居届け出して来た

区役所に転居の手続きしに行って来た。同じ区内での転居だったので手続きは簡単だった。
しかも別の日にまた行かなきゃならないと思ってた奥さんの保険とか年金とか、子供の医療証や児童手当ての手続きも同時に出来た。住民票も新しいのがもらえたよ。
全てがスムーズだった。最近の役所ってスゴイね。

ただ、驚愕の事実も発覚した。
ウチの住所はT区B町XーYーZだったハズで、土地の登記もそうなってる。なので、電気や水道などの公共料金やプロバイダの登録、火災保険の加入なんかも全てそうしたんだけど、区役所で転居届け出したら住居の登録(って言うのかな?)は、XーYーZー2になってた。
なんでも、XーYーZはウチと隣が共有してたので、建築確認のときに゛もくもくはうすが枝番着けて申請して来た゛んだそうだ。
゛そんなの聞いてねぇ(-_-#)!!゛…もうどれだけデタラメな横浜市 住居表示トップページんだよ。もくもくはうすは…(-_-#)
電気や水道は使えてるし、郵便物も届くけど、火災保険とかマズいんじゃねえかな…?

2012/11/09  追記。若干修正。枝番付けたのはもくもくはうすではなくて、区役所だそうだ。今日、区役所に電話して確認した。
横浜市では同じ住居表示に複数の家が建っている場合や、大規模な開発などで同一の住居表示に複数の家が建てられた場合などに、枝番をつけてそれぞれの家の住居表示がユニークになるようにしているそうだ。まぁそれはいいよね。
で、ウチの場合は北隣の家と同じ住居表示だったらしく、ウチが古家を解体して新築したことを経緯として枝番と付与したとのこと。

なんだか釈然としないよね。だってもともとあった家を建て替えたんだからさ。っつか北隣が同じ住居表示なのかも、今は空き家だからワカランし…。っつか枝番やだな(´・ω・`)

広告

2件のコメント

  1. 完成、引越しおめでとうございます。

    文章から察するにそれはみなし文筆ではないかと思われます。
    同一敷地内に主となる建物(具体的には台所風呂トイレがある建物)は基本的に2つ建てることができないので、もし、土地を実際に文筆して売り払ったとしても建築基準法の建ぺい率、容積率を満たすように文筆したのとみなして(仮想?)申請をしてるのではないかと。。

    土地の登記上は一つ(一筆)の土地(のはず)です。

    建築確認申請剃る前にきちんとその旨施工主に確認してないとは。。T.T

    多分火災保険は大丈夫だと思います。建物単位で入るものですので。

    1. ありがとうございます。なんとか無事引越し出来ました(^_^) みなし分筆なんてのがあるんですね….。
      土地の登記としては買う前から一つの土地でしたので、北隣は別の登記になっているはずです。
      だけど、住居表示が古くて、同じ表示に2軒だったみたいです。それを、ウチが新築したのにあわせて枝番で分けたとのことでした。自分で区役所に確認してみました。

      引渡しのときに言ってくれてればよかったのにとは思いますね….。いろいろ登録しなおしが必要ですし。
      火災保険も一応直してもらいます。

      ちなみに住み心地はとてもいいです。快適です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中