ヨツールF3を1ヶ月くらい使った感想など

薪ストーブを使い始めて1ヶ月ほど経過しました。ド素人ですが、素人なりの感想などを書いてみます。

最初に結論ですが、他の予算を多少削ってでも導入して良かったと私は考えています。また、ウチのようなサイズとスペックの家にヨツールF3は十分以上の性能があり、素人でも問題なく利用できる寛容さがあると考えます。

薪ストーブを導入して本当に良かったと思っています。
初期費用が掛かりました(ウチではその分、家自体を少し小さくしました)し、ランニングコストも薪を購入しているのでエアコンなどよりも高くつきそうです、それでも導入して良かったと思います。

とても暖かいです。また、エアコンなどに比べてとても静かです。温風が出てくるわけでもないので、ジンワリと暖かい感じです。
暖かさだけでなく、子供とマシュマロを焼いたり、焼き芋や料理を作ったりなどの、楽しさを得ることも出来ます。

ちなみにウチにはエアコンもあります。富士通ノクリアZの一番大きい23畳用です。平日の朝など、その後に留守にする場合などはエアコンで暖房しています。エアコンでもLDKの中心部分は十分暖かくなりますが、やはり薪ストーブの暖かさと静かさには及びません。

着火は難しくはありません。メカ音痴のウチの奥さんでも問題なく着火~運転出来ています。着火剤と焚き付けを使って着火しています。
着火してから家全体が温まるには1時間くらい必要かもしれませんが、着火直後から手をかざせば「ぉお~。あったけ~(^_^)」くらいにはなります。まぁ火がついているんだから当然だけど….。
その後、ストーブの周囲の空間が暖かくなるのに15分くらい、ストーブが置いてあるダイニングが暖かくなるのに30分くらいと言う感覚です。
実際にはもっと掛かっているかもしれませんが、視覚的にも暖かく感じます。まぁウチは横浜市の街中なので、そもそも真冬でも外気温が氷点下になることはあまりないのですが….。

ウチは延床30坪、木造2階建てで、フツーの作りです。高気密高断熱住宅ではありません。玄関扉も木製なので、どちらかと言うと隙間風が多いと思います。
そのようなスペックの家をヨツールF3は十分に暖かくしてくれます。むしろ暑くなることもあります(^_^;) 家のサイズとスペックに対して、十分な性能があると思います。

ウチは吹き抜けが2か所あり、片方の吹き抜けには2階の天井部分にシーリングファンが着いています。ストーブは家のほぼ中央に設置してあり、ストーブの上は吹き抜けていません。また、煙突の2階部分は寝室の端を貫通しています。
使い始める前は、2階だけ暖まってしまうのではと心配していましたが、そんなことはなくて、家全体が暖まっています。一番暖かいのは当然のことながらストーブがあるLDK部分ですが、煙突が貫通している2階の寝室も暖かくなりますし、ストーブから一番離れたトイレも若干涼しいかなと言うくらいの暖かさがあります。

ネガティブな部分ももちろんあります。
薪を購入している状態ではランニングコストはエアコンより高くついているでしょう。
薪置場の確保、薪の管理、薪運び、焚き付けを作ることなど、エアコンに比べれば手間もかかります。まぁそれが楽しい、特に焚き付けを作るのは楽しいですので、楽しめれば問題ないことでしょうけど。
匂いや煙も当然出ます。そんなに盛大に出ることもないようですが、住宅地ではやはり気を遣います。ウチの場合は夜か、昼間であれば雨でも降って寒い日でないと使いませんし、ウチの近所にも煙突が着いている家がいくつかあるので、ウチだけが煙を出しているワケでもないでしょうから、少しは気が楽ですけどね。

以上、思いつくままに書いてしまったので取り留めのない文章になってしまいましたが、薪ストーブの導入で迷っている方の参考となれば幸いです。周囲の住環境などが許されそうならば、導入をオススメします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中