Motorcycle

ツールキャビネット買った

ついにツールキャビネットを買っちゃった…(^_^;)
上に乗ってるのは去年の秋に買ったSTRAIGHTの3段式工具箱で9,000円くらい。
最初はコレだけで我慢しようと思っていたけれど、ガレージの床に置いていては作業性がイマイチなので、ワゴンでも買おうかと思っていましたが…どうせならとキャビネット買っちゃった(^_^)
キャビネットはASTRO PRODUCTSのミニキャビネット。奥行きが33センチなので若干小さめで、狭いガレージにはちょうどいい大きさ。工具箱を上に載せるとピッタリです!

image

まぁコレが埋まるほど工具持ってないけどね…(^_^;)
とりあえずステッカーチューンしないとな。

広告

バイクドーリーに輪止め作った

バイクドーリーにバイクを載せた状態で整備しないようにと説明書に書いてありますが、多少なら大丈夫です。
とは言え、確実性を増すために輪止めを作ってみました。

image

無いよりマシって程度かな…(^_^;)

バイクドーリー2種比較

結果的にバイクドーリーを2種類買ったので、それぞれのメリット/デメリットについて、書いてみます。
私が買ったのは、Tools Islandのヤフオク店で買ったバイクを丸ごと載せる台車みたいなタイプと、STRAIGHTのメンテナンススタンドにキャスターが着いたタイプです。

台車タイプは、例えばバイクを置くときに360度ぐるぐる回ったり、真横に平行移動しなければならない場合などにメリットがあります。
でも、ウチの場合がそうですが、エンジンの力を借りないとドーリーに載せられなかったり、リアを振ればいいだけだったりする場合は、載せる手間のほうがかかります。
現状で、2~3回切り返せば置きたい場所に置けるなら、台車タイプではない方がいいと思います。

メンテナンススタンドタイプは、台車タイプとは逆に、リアを振れば置ける場合に適しています。フロントタイヤが接地しているので真横には動けませんが、前後に少し動かして切り返せば、横に寄せることは可能です。
説明書にはメンテナンスには使用しないようにと書いてあり、確かにリアホイールを外したりなどの力仕事はちょっと怖いと思いますが、普通の整備やチェーンの掃除くらいは問題ないと思います。

メンテナンススタンドタイプ

image

台車タイプ

image

GMAX GM11Dのミラーシールドが到着…

セロー用に買ったヘルメット。GMAX GM11Dのミラーシールドが韓国から到着しました。
アメリカではミラーシールドは無いらしく、生産国の台湾から買うルートが見つからなかったので、韓国のお店にお願いして送ってもらいました。
早速交換して、被ってみましたが…暗い…(^_^;) 夜はもちろんのこと、曇り空でも使えないんじゃないかっくらい色が濃いです…(^_^;)

ちなみにGMAXじゃなくてSOLブランド。

image

暗いよね…(^_^;)

image

カッコいいからいいか! どうせ夜はバイク乗らないし~。

image

GMAX GM11D 到着!

アメリカのChaparalのeBayストアで買ったヘルメットが届きました(^_^)
台湾のSOL SS-1の北米版です。
統合軍のパイロットみたいなデザインです。

image

サイズはM。国産のヘルメットと同じくらいのサイズ感覚です。

image

マヂでカッコいい!

image

内装もよく出来てます。SS-1は臭いって話も聞きましたが、コレは問題ないです。
フィット感もいいです。

バイクドーリー買い替え

バイクドーリーをSTRAIGHTのメンテナンススタンドタイプに替えてみた。
けど、微妙…(^_^;)
メンテナンススタンド上げるのも結構大変だね。下ろせるのかな…(^_^;)?
エンジン掛けなくても上げられるのはいいけど。
ちなみに、元はLタイプのスイングアーム受けが付いてるけど、インチキセプターにはスタンドフックが付いてるので、STRAIGHTのメンテナンススタンド用のオプションのV受けに交換して、さらに紐で縛ってあります(^_^;)

image

image