wonderdevice

立石

今日も立石に来てみた。平日なのに駐車場満車。まあバイク置き場は空いてる。

やっぱりINTERCEPTORはカッコいいね。

長者ヶ崎にも来てみた。

遠くに富士山も見える。

広告

スターターリダクションギア交換

先日換装したエンジンですが、始動時にセルモーターから盛大な異音を発していました。で、パーツリストやマニュアルを比較したり、エンジンを譲ってくれた方に確認してみたところ、なんとセルモーターの次についているスターターリダクションギアがRC36のモノになっていました!
なんでも、セルモータを交換するときに、RC36のセルモータを利用していたそうです。私に届いた時にはそのセルモータは取り外されていたので、元のエンジンについていたRC24のセルモータを取り付けたのですが、ギアの歯数が合わなくて異音を発していたわけでした。

で、RC24のスターターリダクションギアを発注したら….見事に販売終了でした….orz

仕方ないので、eBayでRC24用を発見し購入。約3000円。が、参加しているVFR Owners ClubのメンバーさんがRC15用のを持っていて、RC24と部品番号が同じだったので、そっちも譲って頂きました。

結局、せっかくだから友達に譲ってもらった方を使おうと思い。RC15用のギアを使いました。

ついでに、タイミングホールカバーをシルバーのにしました。
CameraZOOM-20130915104016804
クラッチカバーを開けてみます。ガスケットは1年くらいしか使ってなかったからか、簡単に剥がれました。
CameraZOOM-20130915104943802

 

問題のギア。右がRC36用で83T。左がRC15/24で82T。ちなみに、RC36の方が外径が微妙に大きいので、取り外すのが大変でした….orz
CameraZOOM-20130915105759456

 

SKIDMARXのカウルのフィッティングをやっと確認した(^_^;)

image

時間取れなくてずっとやってなかったけど、SKIDMARXのカウルのフィッティングを確認したよ。
精度はまあまあ。表面の仕上げは大型のFRP製品だからこんなものって言う程度。
MVRエキパイと当然干渉するのでちょっと糸鋸で切った。

ライトが暗かった(^_^;

今日、ASPがRC24を車検取りに行ってくてたけれど、ヘッドライドの光量不足でNGだった。
クラブのメンバーでも同じようにNGだった人が沢山いる。RC24のヘッドライトってプラスチックレンズなんだけれど、内側が焼けちゃってるのかな?
リレーハーネスをつくって来週リベンジしてくれるとのこと。ともあれ、もうすぐナンバーが付いて復活するよ(^_^)

 

Cobalt Racingのインナーパネル届いた

今日、実家にeBay経由で注文していたCobalt RacingのINTERCEPTOR用インナーパネルが届いた。思ってたよりよく出来てる。黒ゲルコートなのか、グラスファイバーが黒なのかわからないけれど、eBayでの説明通りツヤありの黒で、縁ゴムも付いている。

まぁゲルコートの裏に多少のヒビみたいな線がはいっていたりするので、神経質な人には向かないかも知れないけれど、つや消し黒か何かに塗っちゃえば問題ないと思う。まぁこのまま使うけど。

コレはSkidmarxのカウルとかと違ってスグにでも装着出来るので、車検再取得前に付けちゃう予定。
ちなみに、本体$75、送料$57で合計$132で、\10,514だった。

ちゃんと届いたので、次はCobalt RacingのTail Sectionを買ってみる。ちなみにCobalt RacingはアメリカのオハイオにあるChuck Critesって人が個人でやっている店。10年くらい前よりもっと以前は活発に活動していて、WebSiteもあったけれど、NASCARだかなんだかの仕事を始めるために、一旦店じまいしたはず。だけど、ここ3年くらい前から再始動しているみたいだね。